SpareBank1 ForsikringがハイランドのOnBaseを選定して 情報管理における今後のニーズに対応

OnBaseがSpareBank 1保険部門のプロセス簡素化と 業務ワークフローの自動化および職場の効率化を支援

オスロ – 2016年8月16日 - OnBaseの開発元であるハイランドは、SpareBank 1グループに属しノルウェーの金融商品とサービス市場における最大プロバイダの1社であるSpareBank 1 Forsikring (以下SB1F)がハイランドの単一のエンタープライズ情報プラットフォームOnBaseを選定したと発表しました。

SB1Fは、SpareBank 1アライアンスの銀行を介して生命保険および損害保険サービスを提供しています。 本社をオスロに置き、約600名の従業員がデータアーカイブ作業や顧客、銀行顧問、ポータルを介して文書にアクセスするブローカーとのやりとりを直接行っているSB1Fでは、既存のアーカイブシステムを統合
ソリューションに入れ替えてシステムアーキテクチャを改善し業務プロセスを加速化する必要がありました。

さらに、今後の情報管理に向けて、SB1Fでは業務プロセスの最適化、自動化、職場の効率を上げる高度で堅固ながらも機敏なエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションを求めていました。

OnBaseを選定したSB1Fは、以下を実現しました。

  • 近代的で将来性のあるプラットフォーム上でアーカイブを1つに統合し、システムのアーキテクチャ、保全性、開発を簡素化
  • 重要業務の自動化を促進することでコストを削減
  • 規制要件を準拠しながら、ビジネスニーズに後れを取らない体制を実現
  • ユーザー、ビジネスパートナー、顧客とのデジタルコンテンツの共有を管理・制御することで、組織の効率と規制順守を向上

「OnBaseと基幹システムの連携は、組織全体の業務プロセスを調和させます」「案件担当者には、重要記録へのアクセスも提供されるため、より迅速で、より効率の良いプロセスによる、まとまりのある運営が可能になります」とSB1FのビジネスサポートおよびITマネージャーであるMerete Bratland氏が述べています。

「保険の取引では、組織の業績が鍵です」「SB1Fのレガシーアーカイブシステムを円滑に移行させ、最終的に組織を大きく変換させる最先端技術を提供していきます」とハイランドのグローバル保険営業部長Ruth Fiskは語っています。

世界の600社以上の保険組織が活用しているOnBaseに関する詳細は、OnBase.com/insuranceをご確認下さい。

SpareBank 1 Forsikringについて

SpareBank 1 Forsikringは、16の地方銀行グループであるSpareBank 1アライアンスが所有し運営する生命保険および損害保険会社です。当アライアンスは、ノルウェーで2番目に大きな金融商品のプロバイダであり、ほぼ全国を対象にサービスを展開しています。SpareBank 1 Forsikringは、ノルウェーの銀行を介した保険販売大手であり、全保険会社の中では4番目の規模を誇っています。 

ハイランドが開発したOnBaseについて 

OnBaseは、コンテンツ、プロセス、ケースを管理する単一のエンタープライズ情報プラットフォームです。 OnBaseは、既存の業務アプリケーションと連携し、必要な時にどこからでも重要な情報に即時にアクセスできる機能を提供します。また、部門ごとのニーズに対応する一方で、企業全体への包括的なソリュ―ションを提供します。OnBaseは、現在のニーズを満たすだけでなく、モバイル、クラウド、オンプレミスとその形態を問わず、貴社とともに時間をかけて進化していきます。詳細は、OnBase.comをご確認ください。