6月は株主総会の季節

“もの言う株主”におびえないために

6月に入り、企業にとって大事な株主総会の季節がやってきました。この時期に株主総会が集中するのは、国内企業の多くが3月期決算であり、その3カ月以内に株主総会を開催することが会社法によって定められているためです。かつてはこうした状況を利用し、総会屋など面倒な株主への対策として、わざと開催日を他社とかぶるようにしたり、遠隔地で行っていた企業も少なくなかったといいます。

かくして過去の我が国における株主総会は、質疑応答や議論がほとんどなく、セレモニーとして短時間で終了する「シャンシャン総会」が大半でした。しかし今日では、企業にとって手強い“もの言う株主”が増加。株主総会においても企業と株主との間で活発な議論が行われるようになってきました。株主からの遠慮の無い質問に対し、企業は誠実かつ具体的に回答することが求められるようになっているのです。

株主総会を紛糾無く終わらせるためには、入念な準備が必要なことはいうまでもありません。たとえば経理面からいえば、会計報告書の作成・監査が必要となりますし、その内容が適正で、会計システムが有効であることも裏付けなければなりません。この際、OnBaseならさまざまなソリューションをもとにこうした業務を強力に支援することが可能です。ぜひご活用ください。

お客様事例:OnBaseで監査業務を半減

ECMでコンプライアンスを促進、法規制の順守を強化