ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の準備はできていますか

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、組織の効率化や生産性向上に欠かせません。

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の時が到来しました。RPAは、今日、デジタルトランスフォメーションを進めている組織にとっては、非常に重要な考慮事項です。デジタル情報は増加の一途を辿り、そのペースは日々加速しています。RPAアプリケーションがもたらすメリットは、もはや無視できない状況です。RPAアプリケーションは、システムインテグレータのサービスやカスタムコーディングなしで、複数のアプリケーションやユーザーを巻き込む反復的で大量のデータを扱うプロセスを自動化します。

主なメリット

効率と精度の向上

プロセス専用の「bot」は、人間の労働者とは異なり、マルチタスクや活動の優先順位付けが不要です。

情報セキュリティとコンプライアンスの向上

人間の関与なしで機密データにアクセスして処理する能力は、情報漏洩や暴露の危険性を低減し、防御的な監査証跡と保護管理を可能にします。

ITベンダーやサービスへの依存度の低減

RPAはユーザーインターフェースレベルで作動するので、連携やカスタマイズは不要です。

事業継続性および災害復旧

基幹プロセスのコピーをバックアップし、オフサイトに復元することが可能です。

人的資源の有効活用と解雇率の低減

人間の労働者を、離職率が高い繰り返しの単純作業ではなく、より価値の高い業務に割り当てることができるようになります。

より良い情報に基づくプロセス改善

プロセスはログに記録されるため、監視、分析、最適化が容易になります。