ワークスタイル変革(働き方改革)、実現できていますか?

日本政府は、少子高齢化にともなう人手不足やサービスの品質劣化などの状況に対処すべく、さまざまな取り組みを進めています。

これを受けて企業も、フレックス勤務や在宅勤務制度の採用、それを支えるITツールの導入などにより、さまざまな働き方が可能な環境を整え、従業員一人ひとりに合ったワークスタイルを実現しようとしています。しかし、生産性にマイナスの影響を与えずにこれらを実現するには、企業には負担がかかります。企業は、まず自社の課題に対し、持続可能性がたかいデジタル計画を立てる必要があります。ワークスタイル変革の実現に向けて、多くの企業が抱える課題や解決のヒントについて、ご確認ください。

ハイランドソフトウェアに対するご意見・お問い合わせをお待ちしています。下記のフォームをご利用になるか、本社または各拠点にご連絡ください。

フォームに入力し、送信してください。

フォームを送信すると、ハイランドからお知らせが届きます。個人情報保護方針に関する詳細は、こちらをご覧ください。

フォームを送信すると、ハイランドからお知らせが届きます。詳細は、個人情報保護方針をご覧ください。