新次元で考えるマルチチャンネル キャプチャのメリット

ビジネスを推進するには、従来の壁を越えてプロセスを拡張し、マルチチャンネル入力、リモートワーカー、パートナー企業、および顧客などを効率的にサポートすることが必須です。AIIMの調査によると、回答者の40%が紙と電子情報を使用してアドホックな方法でインバウンドコンテンツを扱っていることが判明しました。36%は電子的に受け取った情報を印刷し、紙として処理していることもわかっています。これでは運用プロセスをスローダウンさせ、文書紛失や情報漏洩、不正アクセスのリスクを大幅に増加させてしまいます。紙文書による情報管理から抜け出し、ビジネス上重要なコンテンツをデジタル形式で処理することで実現 できます。

企業は、多次元に考え、マルチチャンネルな取り組みを採用する必要があります。こういった方法でキャプチャを実行することは、スキャンされた紙文書だけでなく、Eメール、音声、動画など、今日のビジネスで使用される情報をモバイルを含むあらゆるデバイスで受け取って処理することを意味します。

本ホワイトペーパーでは、キャプチャ技術でどのようにエンドツーエンドの業務プロセスを実現できるか説明します。

フォームを送信し、資料をダウンロードしてください。

ハイランドソフトウェアに対するご意見・お問い合わせをお待ちしています。下記のフォームをご利用になるか、本社または各拠点にご連絡ください。

フォームを送信すると、ハイランドからお知らせが届きます。詳細は、個人情報保護方針をご覧ください。