IDG調査:業務アプリケーションとECMの連携

IDG調査: 業務アプリケーションとECMの連携について

文書をリポジトリで一元管理するエンタープライズコンテンツ管理(ECM)の役割は広く定着しています。 しかし、ECMは「主要なプロセスを簡素化する」「データを同期する」「既存アプリケーションへの投資を最適化する」といった業務システム間の情報ハブとして活用することで、その価値を飛躍的に拡大させることができます。 

IDG Research では、IT分野のリーダーを対象にして、ECMと基幹業務アプリケーションの連携に関する世界規模の調査を行いました。

本ホワイトペーパーでは、以下について説明されています。

  • ビジネス上の重要情報を集中管理する、企業内のどのアプリケーションからでも利用できるようにする、という課題への取り組み
  • ECMを活用したアプリケーション間のリアルタイムによるデータ交換の保証
  • 特定の業務プロセスとの協調、ユーザーの生産性向上、効果的な意思決定プロセスの確立などのECM機能

フォームを送信し、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

ハイランドソフトウェアに対するご意見・お問い合わせをお待ちしています。下記のフォームをご利用になるか、本社または各拠点にご連絡ください。

フォームを送信すると、ハイランドからお知らせが届きます。詳細は、個人情報保護方針をご覧ください。