ECMによって企業の競争力を高める5つの方法

紙文書の管理に限らず、Eメール、フォーム、レポート、文書中心の業務プロセスなどの管理に今も多くの企業が苦戦しています。ECMソリューションを効果的に活用する理由は、このような状況を克服して競争他社との差別化を実現することにあります。どの情報を所有し、それらがどこにあり、どのように活用できるかを把握することで、以下の様な効果を得ることができます。

1. 収益性を改善し市場シェアを拡大
より多くの情報を自在に活用してより効率的に業務を遂行し、お客様への対応のスピードと質を大きく向上させることで、高い投資回収率を実現し、組織の競争力を高めることができます。

2. より素早いお客様サービスを提供
情報化が著しく進化する今日、多くのお客様がインターネットの検索エンジンを通じて、必要な情報をほぼ即時に入手しています。スピーディな対応が求められる中、組織はコンテンツを一元管理することで、お客様の問い合わせや新規ビジネスの引き合いに即座に対応して競合他社との差別化を図ることができます。

3. その他のIT投資を最大限に活用
ECMソリューションは、組織が多くの時間と費用を投入してきた既存の業務アプリケーションをより有効に活用します。 例えば、ECMソリューションOnBaseを既存の業務アプリケーションに統合した場合、ユーザーは新しいECMソリューションを使用するという感覚を持たずに、使い慣れたアプリケーション内でクリックするだけで関連文書を表示できます。

4. より速くより的確な意思決定を実現
競合他社よりも素早く的確な意思決定を行うには、様々な場所に点在する情報の所在を的確に把握し、即時に重要な情報を入手できることが重要です。優れたECMソリューションは、ERP、Microsoft Officeツール、業務ソフトウェアなど、ユーザーが必要とする場所から最適なタイミングでコンテンツを提供します。

5. リスクを最小化
組織内のコンテンツは、セキュリティ侵害や法規制不履行による罰金といったリスクにさらされています。セキュアで監査可能なECMソリューションにコンテンツを格納することで、これらのリスクからコンテンツを守ることができます。

ECM市場のリーダー