ECMで業務プロセスを自動化し、従業員の生産性を向上

膨大な量の紙文書を部署から部署へ移動させる官公庁などでは、その移動を人手に頼って行っています。また金融サービス会社の例を取ると、増大したローン申請書、会員個人情報などの紙文書を特定の場所に保管していることが多く、ある情報が必要な場合には、従業員が探し出して依頼者に送っています。

多くの企業や組織がこのような付加価値の低いタスクを抱えています。こういった単純作業は、価値が低いとはいえ、決して無視できない作業でもあります。ECMソリューションを導入すると、紙文書の扱いに起因する付加価値の低いタスクを排除し、従業員をお客様サービスの向上といった付加価値の高い業務に集中させることができます。

付加価値の低いタスクの排除は、ワークフロー管理ツールを使用することで簡単に実現できます。ワークフロー管理ツールは、急速に変化する状況に合わせて設定を簡単に行い、業務プロセスを自動化させることができます。しかも安全性とセキュリティが確保されるため、適切な担当者が適正な時点に文書にアクセスできるよう設定することも可能です。

迅速に対応することでお客様サービスを改善し、手作業のタスクから従業員を解放してコストを削減するとともに、一貫性のある安定したビジネスプラクティスを実施できるため、企業や組織の説明責任やコンプライアンスを促進することができます。

ECM市場のリーダー