事業を成功させる業務プロセスの迅速化

事業を成功させ、安定した収益を得るためには、業務プロセスの迅速化が欠かせません。戦略的なECMソリューションOnBaseは、組織の特定のニーズに柔軟に対応することで、業務プロセスを迅速化させます。

業務プロセスの課題の多くは、それぞれの業界に特有のものです。そのため、それらの課題を解決するには、技術的な知識はもとより、その他にもその業界で働いた経験を持つ業界エキスパートが必要となります。

業務プロセスを迅速化させ、差別化を図った例

グアテマラのグアテマラシティーを拠点とする世界有数の保険会社Seguros de Occidente社(以下、Occidente)では、市場シェアを伸ばし、競合他社との差別化を図るため、業務プロセスの迅速化を計画しました。Occidenteでは、既にOnBaseソリューションによって業務プロセスを電子的に管理していましたが、Occidenteの経営陣はOnBaseソリューションの潜在的な可能性をさらに活用するため、業務プロセスとシステム改善を行うための短期的・長期的な計画を策定する必要がありました。

ハイランドソフトウェアのエンタープライズソリューショングループ(ESG)と業界エキスパートは、このOccidenteの意向を受け、綿密に文書化されたロードマップを提供し、どの業務プロセスにおいてどの部分に改善が必要なのか、何故必要なのかという点を明確にしました。その結果、Occidenteは、従業員が既存のアプリケーションをより有効に活用して日々のタスクを迅速化させ、さらにコスト効率を改善させたことで、保険証券の新規発行や保険金請求の処理に要する時間を短縮しました。

「ハイランドによる助言の中でも一番のアドバイスは、ECM委員会を編成するということでした」とITプロジェクトマネージャーのMarta Julia Fernandez氏は振り返ります。「ECM委員会を通じて、私達のチームがどうすれば無理なく紙文書の環境から電子的な環境に移行し、業務のスピードを上げることができるかというアドバイスを得ることができました」。

業務プロセスの迅速化で生産性を向上

業務プロセスを迅速に行えない理由の中には、一貫した業務プロセスが確立されていない、有能な社員が技能を活かさずに反復的または付加価値の低いタスクに時間を割いていることなどがあります。

業務プロセスの多くは、日常の業務で使用するEメールや業務アプリケーションが欠かせません。ECMソリューションを導入すると、これらのアプリケーションとシームレスに統合させることができ、情報を十分に共有されない状況を解消し、業務プロセスの迅速化を容易に実現して従業員の生産性を向上させます。

ECM市場のリーダー