OnBaseクラウドで業務データのセキュリティと復元性を向上

OnBaseクラウドでは、コンテンツをクラウドに格納する方法が大きく改善されています。高度なセキュリティが確保されたデータセンター、データ転送時の暗号化、基本装備の冗長性やデータ複製といった特性を持ち、権限が付与されたユーザーにのみ情報へのアクセスが提供されます。

また、OnBaseクラウドは、組織のコンプライアンス要件やデータ可用性に関する特定のニーズに応じてカスタマイズ可能なため、業務上のニーズを満たしながら、これらの取り組みにも十分に対応することができます。

例えば、欧州連合ではデータを特定の物理的な場所に保管することが地域ごとの法令によって義務付けられています。これらのルールに違反すると、個人・組織共に多額の罰金が科せられる場合があります。世界的に配置されたデータセンターを有するOnBaseクラウドでは、適切な場所に情報を格納することができるため、組織は特定の要件に効果的に対応することが可能です。

特定のセキュリティやコンプライアンスのニーズに対応可能なOnBaseクラウドの詳細は、ハイランドまでお問い合わせ下さい。