あらゆるアプリケーションとの統合が可能なOnBase

OnBaseは、迅速かつ容易にあらゆるアプリケーションと連携・統合します。OnBaseは、カスタムプログラミングの費用と時間を一切かけることなく500以上のアプリケーションとの連携・統合を行った実績を持っています。

また、OnBaseのAPIやWebサービスを使用して、お客様独自の統合を柔軟に行うことも可能です。

カスタムプログラミングが不要な連携・統合

ハイランドでは、シームレスで簡単に使用できるアプリケーションイネーブラと呼ばれる統合ツールを提供しています。マウスを数回クリックするだけでアプリケーションイネーブラによってOnBaseと業務アプリケーションを連携させることができます。通常、数週間、数か月という時間を要することなく、わずか数時間で統合作業を完了できます。カスタムプログラミングが不要なため、業務アプリケーションのアップグレード時にOnBaseへの影響を心配する必要もありません。

シンプルさに限らない高機能を提供

アプリケーションイネーブラは、文書のアクセスを提供するだけのものではありません。OnBaseには、アプリケーション画面上の情報を利用した自動的なEフォームの記入、ワークフローの起動、スキャン作業に使用するバーコード付きカバーシートの印刷、雇用契約書や規程書といった文書の動的な作成など、様々な機能が揃っています。

OnBaseを使用するお客様の中には、12種類の既存のアプリケーションとOnBaseをわずか1日で連携・統合させた例があります。

アプリケーションプログラミングインターフェース(API)

組織が抱える固有な業務課題を解決するには、それぞれの状況に合わせて柔軟にカスタマイズ可能なソリューションが必要となります。

OnBaseのAPIスイートは、高い柔軟性によってどのような状況にも適応することができます。プログラマーには、カスタムアプリケーションや、OnBaseの文書、自動プロセスとの統合を作成するためのアクセスポイントが提供されます。プログラミング用インターフェースでは、Web Services、 .Net、 COM、 Javaといった業界標準言語を使用できるため、プログラマーは独自の言語を使用する追加のプラットフォームを新たに習得する必要がありません。

OnBase APIは、組織の固有な課題を解決できる柔軟なソリューションを実現します。

Webサービス

お客様、ビジネスパートナー、組織外部のシステムなどに対するリアルタイムの最新情報提供や事業所とのシステム情報共有は、複雑な手段を必要とします。

OnBase Webサービスでは、文書や自動プロセスに関する情報をインターネット接続を介して提供することが可能です。また、OnBaseでは、外部のシステムからデータを取得するためにWebサービスを呼び出すこともできます。リアルタイムなシステム間の相互連携を実現することで、完全で正確な最新情報を双方のシステムで確実に共有することができます。

OnBase Webサービスは、ファイアウォールの壁を越えた新たな情報共有を実現します。

OnBase