Oracle eBusiness Suite 統合

Oracle eBusiness Suite統合を使用すると、ユーザーはOracleのツールバーから直接業務トランザクションに関連するOnBaseの文書にアクセスすることができます。ERPシステムへの投資を最大限に活用することができ、ユーザーは、トランザクションを完了するために必要な情報を複数の場所から検索する必要がなくなります。これらの機能はすべてOracleの画面から直接使用できるため、ユーザートレーニング費用を増加させることなく、業務サイクルを短縮することができます。

OnBaseは、Oracleから自動的に値を抽出し、スキャンまたはインポートした文書の手作業のインデックス作成を排除することで、Oracleのデータを有効に活用します。Oracle eBusiness Suite統合によってすべての情報が同期化されるため、従業員はデータ、文書、プロセスを管理するために要する時間を短縮することができます。

OnBaseでは、使用中のERPシステムから直接、トランザクションに関連する情報と文書にアクセスすることができます。Eメール、スキャンされた画像、電子文書、フォームといった、トランザクションを処理する上で必要なすべての情報を使用中のエンタープライズシステムから即時に利用することが可能です。情報のキャプチャ時に、OnBaseは自動的にトランザクションデータから値を抽出するため、手作業による文書のインデックス作業を排除し、業務プロセスサイクルを短縮することができます。多くのOnBaseのERP統合は、リアルタイムの更新を行うことができるため、最新かつ完全な情報が双方のシステムに存在する状態を確保することができます。

ECM市場のリーダー