事業強化:継続的な開発に対するハイランドの公約

エンタープライズ情報プラットフォームのベンダー選定では、投資するプラットフォームが新たに台頭するテクノロジーや組織の要件変更と組織の成長に今後も対応できるという確信をお客様が持てることが重要となります。

OnBaseの研究開発に対するハイランドの公約は、他に類を見ないものです。ハイランドでは、研究開発費のすべてをOnBaseソリューションスイートのエンハンスメントに投資しています。他の多くのECMベンダーは、サポートしている数多くのテクノロジースイートの研究開発費を分割している一方で、ハイランドでは主要製品のOnBaseに完全に集中して研究開発を行っています。

通常、ハイランドでは、年間収益の15%をOnBaseの研究開発に費やしています。ハイランドでは、研究開発理念を掲げ、製品ロードマップを作成してIT環境の変化と共に確実に進化しながら、最新の業務プロセスと法的規制を満たすOnBaseを開発しています。

ハイランドには、最も重要な財産の1つとしてOnBaseプロフェッショナルのコミュニティがあります。お客様はハイランドのパートナーであり、ともに協力し合いながらOnBaseの開発にあたっています。ユーザーグループ、お客様向けの各種イベント、オンラインコミュニティを通じて、各業界に固有のご意見やソリューション機能に対するリクエストに対応しています。

ハイランドでは、永続的な技術開発が単に研究開発に投資するだけで保証されるものではないことを理解しています。それには、お客様のニーズを満たすことに専念し、お客様の期待を超える製品を開発する優秀な専門家のチームが必要となります。ハイランドの研究開発に関わる上級幹部は、15年以上にわたってOnBaseと共に歩んできました。彼らは、職業人としても個人としても、お客様にメリットを提供することに専心しています。

ハイランドにとって研究開発とは、業務課題の解決に投資することを意味しています。それは、ハイランドがOnBaseを過去22年以上にわたって進化させてきた理由であり、今後も引き続き製品を開発し続ける理由でもあります。

OnBaseがIT部門に提供するメリットについては、こちらからご確認ください。

OnBase