以前の OnBase ソフトウェアリリースの注目点

以前の OnBase バージョンに行ったエンハンスメントについての早わかり

OnBase 18の注目点

OnBase 18では、10,000を超える更新と3,100のお客様のご要望によるエンハンスメントを取り入れました。OnBase 18は、番号を使った最後のリリースです。10,000を超える更新と3,100のお客様のご要望によるエンハンスメントを、膨大な時間を注いだ研究、開発、テストを基にして提供しました。

このリリースでは、OnBaseユーザーが情報を必要とする場所や時間に関係なく、アクセスを向上させることで、組織がより優れた、よりパーソナライズされたユーザーエクスペリエンスを構築できるようにしました。

注目すべきエンハンスメントには、次があります。

  • 新しい複合ビューアでは、コンテンツやデータの表示を簡素化した統合表示にカスタマイズでき、さまざまな役割を持つユーザーの体験に合わせることができます。

  • 向上したモバイル機能では、カスタマイズしたケース管理アプリケーションと一般的なモバイル業務アプリケーションとのより密接な連携を提供します。

  • 強化したセキュリティでは、iOS のタッチ ID とアイデンティティプロバイダが追加され、簡素化した認証をサポートします。

  • テストシステムを構築し、テスト済みのソリューションを本番環境に簡単に移行するなど、ソリューションを企業全体に展開する OnBase 管理者の業務を容易にする新しいツールを提供します。

  • OnBase と、ShareBase や買収した Brainware、PACSgear など、製品ポートフォリオ内の他の製品との連携をさらに強化します。

OnBase は各リリースで、パワー、設定、他の業務アプリケーションとの連携を強化しながら、コンテンツサービスを提供しています。

OnBase 18と以前の OnBase リリースに関する詳細は、ハイランドコミュニティをご覧ください。