アップグレードを簡単にする7つの方法

ソフトウェアのアップグレードを最大限に活用する方法

アップグレード時のメリットを最大化

アップグレードは、新しい機能、ユーザーエクスペリエンスの向上、多くの場合、現在のバージョンのニーズに基づいて要求した新しいツールなど、テクノロジーへの投資収益率の最大化を実現するために不可欠です。

残念ながら、アップグレードは適切な準備なしでは難しい場合もあります。組織が次のアップグレードを最大限に活用し、陥りやすい落とし穴を避けるためには、次の7つの点に留意してください。

  1. コミュニケーション、コミュニケーション、そしてコミュニケーション: スムーズなアップグレードは、全員が共通認識を持つことで始まります。ビジネスと技術の両方の利害関係者は、アップグレードプロセスに関する貴重な情報だけでなく、ガイダンスや支援も提供できます。

  2. 新しい状況を理解する: 利害関係者やエンドユーザーとの良好なコミュニケーションは、プロジェクトスコープをよりよく理解する上で役立ちます。アップグレードに関与する担当者、ハードウェアおよびネットワークの要件、全体的なニーズを把握できます。また、現在の展開オプションを確認するのにも適しています。クラウドへの移行 は正しい選択でしょうか?それとも、オンプレミスの導入に固執するのでしょうか?

  3. アップグレードパスを選択する: ソリューションをアップグレードする方法は2つあります。 従来の方法の方が高速ですが、リスクが高くなります。この方法は、一括処理方式であるため、より多くのリスクを伴います。その後、ソリューションが起動して稼働していれば、稼働しています。問題が発生した場合は、問題が解決するまでダウンタイムが発生する可能性があります。

    段階的な並行アップグレードは低速ですが、リスクが少なく、柔軟性が高くなります。段階的なアプローチでソリューションを置き換え、潜在的な問題の数とそのスコープを減少させます。また、エンドユーザーの段階的なトレーニングと、古いリリースから新しいリリースへの段階的な切り替えの両方が可能です。

  4. スムーズな時間帯を把握する:アップグレードオプションを選択するかどうかにかかわらず、アップグレードのスケジュールは、組織が忙しくない時間帯に設定します。組織がアップグレードするソフトウェアへの依存度が最も低い時間帯にアップグレードすることで、リスクを低減できます。

  5. サードパーティ統合を忘れないこと:お使いのソリューションがサードパーティのソフトウェアと統合されている場合は、サードパーティのソフトウェアを新しいバージョンにアップグレードする計画があるかどうかを確認してください。 その場合は、アップグレードしたソリューションがサードパーティの新しいバージョンと互換性があるか確認します。

  6. テスト、次テスト、そして再テスト: アップグレード戦略の一環としてテストシステムを持つことで、アップグレードプロセスをテストできたり、本番環境に影響を与えずにスクリプトの修正を行うことができたりなど、いくつかのメリットがあります。

  7. サポート体制に頼る:時間をかけてソフトウェアベンダーによるサポートについて理解しましょう。手順ごとにプロセスを説明する資料から専門家のアドバイスに至るまで、アップグレードプロセスでは必ずベンダーに相談してください。

次のアップグレードを計画していますか? すべてをスムーズ運ぶように、ハイランドグローバルサービスチームにご相談ください。