管理の概要

文書、データ、プロセスをより効率的に管理

OnBaseは、データ、文書、業務プロセスを単一のシステムで一元管理し、情報を組織全体でシームレスに活用できるようにします。業務プロセスの遅延、データのサイロ化、文書の分散化を最小限に抑え、繰り返されるタスクを自動化することで、従業員は、より最適な意思決定を行えます。

コンテンツを有効にするアプリケーションを構築し、現在抱えている要件を満たしつつ、企業の成長に伴った拡張が可能です。高額な費用のかかるカスタムプログラミングに依存することなく、お客様の業務に適したソリューションを迅速に構築します。

重要な情報を単一のプラットフォームで管理

OnBaseの特徴:

  • 文書管理:フォーマットを問わず、重要なあらゆるコンテンツの作業を電子的に行います。デジタルファイルキャビネットのフォルダを活用してコンテンツを体系的に整理すると、ユーザーが決定を下すために必要な文書の検索がさらに簡素化します。また、修正版や版管理を電子署名で効率的に管理し、お客様および地域住民に配布する文書を自動的に作成します。
  • プロセス管理業務プロセスを最適化することで、業務処理時間を短縮し、従業員の生産性を向上させることができます。OnBaseでは、予測可能なタスクが自動化されると同時に、例外や意思決定の処理が適切な担当者に適切なタイミングで依頼されます。OnBaseの通知機能を利用すると、モバイルデバイスで案件を承認したり、重要な業務を割り振ったりするなど、業務効率と業務プロセスのスムーズな進行を促進できます。
  • データ管理:データ中心型のケース管理アプリケーションをOnBaseで作成し、旧式のデータベース、スプレッドシートの共有、レガシーシステムを置き替えることができます。人事部における新入社員や中途採用者の受け入れ、業者管理、不正調査などの分野で、カスタム開発や市販のソリューションの必要性を最小限に抑えます。ユーザーは、単一のユーザーインターフェースで、お客様、案件、プロジェクトに関連する、あらゆるデータ、文書、タスク、コミュニケーションなどにアクセスできます。

文書、プロセス、データの管理はOnBase機能のひとつに過ぎません。詳細は、こちらからご確認ください。


30秒で診断! ECM市場のリーダー