電子フォーム

紙の記入用紙を使用して業務を行う場合、以下のような理由で業務効率が低下し、企業の収益性に影響を及ぼします:

  1. 高額な印刷代が発生する
  2. 手作業で記入するため多くの時間を要する
  3. フォームを郵送、オフィス内の回覧では時間の無駄が生じる
  4. 手書きの文字が判読不能、または必要な情報が完全に記入されていない場合、その記入用紙を使用できない

こういった問題は、社内外で使用する記入用紙を電子フォーマットに変換することで解消されます。また、電子フォームを利用することで、以下の様なメリットを得ることができます:

  1. オンラインでの使用が可能となる
  2. 自動的に記入内容の正確性を確認できる
  3. フォームの送信後、即座にフォーム上の情報が利用可能な状態となる

OnBaseが提供する以下のフォームを使用することで、既存の記入用紙を電子化し、業務のニーズに応じて新しいフォームを素早く作成することができます。

Unityフォーム

多くの業務プロセスで紙の記入用紙が使用されているため、業務を迅速に進行できないケースがよく見られます。社内で紙の記入用紙を回覧している間に紛失してしまう、記入内容に不備がある、手書きの文字が判読不能であるなど、様々な問題が発生します。その結果、不正確な情報が使用され、業務プロセスの進行に遅れが生じてしまいます。

OnBaseは、電子フォームを使ってデータをキャプチャし、業務の効率性と正確性を向上させます。電子フォームがシステムに取り込まれると同時に、必要なデータが完全かつ正確に入力されているかどうかが検証されます。電子フォームが送信されると、業務プロセスが自動的に開始され、電子フォームは即時に担当者に転送されます。本格的で高機能な電子フォームであるUnityフォームは、OnBaseのフォームデザイナを使用して、カスタムプログラミングが不要なポイントアンドクリック操作で誰でも簡単に作成することができます。

電子フォームは、紙文書に伴う問題を解消し、業務プロセスを迅速化します。

Eフォーム

多くの業務プロセスで紙の記入用紙が使用されているため、業務を迅速に進行できないケースがよく見られます。社内で紙の記入用紙を回覧している間に紛失してしまう、記入内容に不備がある、手書きの文字が判読不能であるなど、様々な問題が発生します。その結果、不正確な情報が使用され、業務プロセスの進行に遅れが生じてしまいます。

OnBaseは、電子フォームを使ってデータをキャプチャし、業務の効率性と正確性を向上させます。電子フォームがシステムに取り込まれると同時に、必要なデータが完全かつ正確に入力されているかどうかが検証されます。電子フォームが送信されると、業務プロセスが自動的に開始され、電子フォームは即時に担当者に転送されます。Eフォームは、ユーザーが使い慣れたサードパーティの開発ツールで作成したHTMLフォームをOnBaseで簡単に再利用できる、利便性の高い電子フォームです。

電子フォームは、紙文書に伴う問題を解消し、業務プロセスを迅速化します。