必読文書と教育・トレーニング

規程類や手順書の全従業員への配布、各従業員が内容に合意した事の確認など、規程類や手順書の取り扱いは多岐に及びます。企業では、就業規程、情報セキュリティ規程、安全作業手順書、ハラスメント防止規程など、各従業員が視聴する必要のある教育ビデオや、内容を理解した事を認知する必要のある必読文書などがあります。

従業員に文書を配布する方法は様々ですが、配布作業を行い、各従業員の記録を更新するには多くの手作業が発生します。また、企業方針や安全規程への違反行為に起因する訴訟沙汰を回避するためには、全従業員が配布された最新の必読文書を読み、それぞれの役割に関する十分な教育・トレーニングを受けた事を証明する情報を容易に見つけることが出来る状態である必要があります。

OnBaseドキュメントナレッジトランスファーを使用することで、必要な文書を該当する従業員に素早く配布することが可能です。必読文書の配布や管理を自動化することで、コストを大幅に削減することができます。また、各従業員による規程の認知状況を簡単に把握および証明することで、コンプライアンス関連の監査への対応を強化することができます。

OnBaseは、管理コストを抑えながら、必読文書に関する要件順守を実現します。