ダッシュボード

ステータスビュー
個々のユーザーが必要とする業務データ、文書、プロセスは様々であるため、ECMソリューションを使用する方法もそれぞれのニーズに適応できるものが望まれます。

OnBaseでは、ユーザーに応じてカスタマイズすることが可能なWebインターフェースを使って、主要なコンテンツや機能に簡単にアクセスすることができます。その結果、各ユーザーは、個人の役割や主要なタスクに基づき、それぞれのニーズに合わせたポータルを作成することができ、1つの柔軟なインターフェースで複数のタスクを実行し、多数のプロセスを監視することが可能になります。また、同じタスクを担当するユーザーを対象に効率的で標準化された画面を設定し、お互いの業務進行状況を把握・共有することも可能です。

Microsoft SharePoint Webパーツ
担当者が業務時間の大半をSharePointを使った作業に充てている一方で、意思決定を行う際に必要な関連文書やデータ、レポートはOnBaseにおいて処理または保存されている場合に、意思決定者は、使い慣れたSharePointのインターフェースからすべての必要な情報の全体像を把握し、OnBaseのコンテンツと自動化された業務プロセスを使用・操作することができます。

OnBase