Microsoft SharePoint、共有ファイルおよびFTPサイト

OnBaseで大量の業務トランザクション処理を行う一方で、Microsoft SharePointを使って特定のプロジェクトのコラボレーションを行う事が良くあります。このように組織では、業務内容に最適なツールを使用して従業員の生産性を上げます。

OnBaseのMicrosoft SharePoint統合ソリューションは、Microsoft SharePointのArchive Serviceを使用して、カスタムプログラミングを行うことなく、SharePointのコンテンツを即時に取り込み、OnBaseにおいて処理またはアーカイブされたその他の文書、情報およびレポートに自動的に連携させることができます。

共有ファイルおよびFTPサイト

OnBaseでの文書の取り込みやインデックス作業を手作業で行う場合、多くの時間とコストが発生します。インポートプロセッサを使用すると、他のシステムやファイル名、フォルダ名といった別のソースから文書のインデックス値を取得することができるため、時間とコストを大幅に節約することが可能です。OnBaseでは、以下の2つのインポートプロセッサをご利用いただけます:

ドキュメントインポートプロセッサ

外部のスキャンサービス業者や、古いレガシーシステムによって作成された電子フォーマットの文書が大量に存在する場合、これらのアーカイブ済みコンテンツを別のファイル形式に変換するにはコストのかさむカスタムプログラミングが必要になります。

OnBaseでは、簡単かつ時間をかけずに、これらの文書を一元化したストレージに格納することできます。その際、既存のテキストやXMLのインデックスデータを再利用して、数千の電子ファイルを自動的に取りこんで分類することができます。

コンテンツが外部のサービス業者またはレガシーシステムのいずれによる場合でも、OnBaseは適切に対応することが可能です。

ディレクトリインポートプロセッサ

多機能プリンタ機器やサードパーティのスキャン業者によってスキャン済みの文書がネットワークディレクトリに既に保存済みの場合でも、特定のトランザクションに関連する文書またはコンテンツを素早く見つけることは、簡単ではありません。

OnBaseは、ディレクトリに存在するファイルを既存のファイル名やファイル構造の一貫性を保ちながら自動的に取り込み、インデックスを作成します。その際、カスタムプログラミングや追加のユーザー操作を行うことなく、トランザクションの関連文書を即時に関連付けることが可能です。

OnBase