必要に応じて行う少量スキャン

OnBaseには、企業の様々な状況に合わせて選択できる各種のオプションが用意されています。文書を受け取ったその場ですぐにスキャンする必要がある場合でも、OnBaseを使用することで容易に対応できます。

以下は、様々な状況に合わせ選択できるスキャン用のソフトウェアです。

デスクトップドキュメントイメージング

企業全体のスキャン作業をスキャン部門で一括して行う場合、スキャン作業が完了するまでにかなりの時間がかかります。OnBaseは、部門単位でのスキャン業務をスムーズに行います。文書のスキャン、インデックス、アーカイブといった文書の取り込み作業を、部門ごとに必要なタイミングで素早く独自に行うことが可能になります。一旦OnBaseに取り込まれた文書や情報は、すべてのユーザーに対して即座に利用可能な状態となるため、業務プロセスにおける遅延を排除することができます。

デスクトップドキュメントイメージングは、業務における待ち時間を削減します。

高速スキャンニング

重要なビジネス文書を受領したその時点でシステムに取り込むことが可能な場合、ビジネスのサイクル時間は大幅に短縮され、紙文書の取り扱いに起因する非効率性を排除することができます。

OnBaseは、素早く簡単に文書を取り込みます。ボタンを数回クリックするだけで、簡単に文書をスキャンしてOnBaseに取り込むことができます。文書は即時にアクセス可能な状態となり、業務プロセスを円滑に進行させます。

高速スキャンニングは、スキャン作業をごく簡単なタスクに変えます。

フロントオフィススキャンニング

すべてのスキャン作業をスキャンステーションで一括して行っている場合、お客様の文書をコピーしてスキャンステーションに転送する必要があるため、貴重な時間を無駄に費やさなくてはなりません。OnBaseは、その様な時間の無駄を解消し、文書を受け取ったその場で即時に取り込みます。

OnBaseを使用することで、例えば、お客様の登録業務を行う受付デスクでは、身分証明書、申込書、保険証などをスキャンして情報を取り込み、迅速に登録を済ませてお客様サービスを改善することができます。また、既存の業務アプリケーションから直接文書をスキャンして分類し、既にシステム内に入力済みのお客様情報を文書のインデックス作成に再利用することも可能です。

フロントオフィススキャンニングは、文書を即時にスキャンすることで時間とコストを削減します。

共有スキャン機器

OnBaseを使用すると、受け取った文書を各部門で即時にスキャンできるため、大量の文書を一括してスキャンする必要がなくなります。そのため、高価なスキャナ機器の購入や多様な機能を使いこなすためのトレーニングを行う必要はありません。

文書をスキャンしてOnBaseに直接取り込むことで、既に投資した多機能ネットワーク機器を有効活用することが可能です。また、各地の事業所を含む全従業員に対し、ビジネス文書にリアルタイムなアクセスを即時に提供することができます。

文書を受け取ったその場でスキャンすることで、情報をよりスピーディに取り込むことが可能になります。以下は、共有スキャン機器の一覧です。

  • ScanSnap fi-6010N iScanner (OnBaseで使用できる富士通のネットワーク接続スキャナ)
  • HP複合機能プリンタ機器
  • Visioneer One Touch
  • Sharp ISA MFP
  • eCopy ShareScan
  • AutoStore OnBase統合

バーチャルプリントドライバ

業務アプリケーションやウェブアプリケーションには、文書化が必要となる重要な業務データが多く含まれています。OnBaseは、こういった情報を高価な統合やカスタムプログラミングを必要とせずに、簡単にシステムに取り込みます。

印刷ボタンをクリックするだけで、簡単に情報を業務アプリケーションから取り込んで電子的かつセキュアに保存し、業務プロセスを自動的に開始させることができます。

印刷可能な文書は、すべてOnBaseに取り込むことが可能です。

OnBaseのイメージングモジュール(*)のいずれかを使って、文書の分類とインデック作成を行えます。文書を一旦スキャンした後は、ページ分割、バーコード認識、OCR(光学式文字認識)を使用したテキスト形式への切り替え、手作業によるインデックス作成、アドバンストキャプチャ機能、品質保証、PDF作成といったオプションを使って追加の処理を行うことが可能です。

* バーチャルプリントドライバを除く

OnBase