現物記録

OnBaseでは、電子文書を管理するだけでなく、その情報に関連する物理的な記録や現物を把握・管理することも可能です。

現物記録管理
組織における記録管理は、電子フォーマットを使用した方法が優先される一方で、特定のプロセスや規制上のコンプライアンスに対応するために、何らかの物理的な現物記録の管理が必要となることが一般的です。

OnBaseでは、一元化した単一のインターフェースを使って、現物記録および関連するすべての電子文書を簡単に把握、検索、アクセスすることが可能です。コンプライアンス強化の取り組みを物理的な現物にも適用することで、手作業での現物記録管理に伴うリスク、時間、コストを抑えます。

ECM市場のリーダー