IT担当者のメリット

単一のプラットフォームで無数のアプリケーションを

OnBaseは、複数の製品を集合した大規模なポートフォリオを代表するブランドではなく「単一の製品」です。

コンテンツ管理、プロセス管理、ケース管理。OnBaseでは、この3つを単一のプラットフォームで実現します。それはつまり、複数のシステムを管理する必要がないということ。データのサイロ化やアプリケーションの分散といったITスプロールを防ぎ、IT担当者の負荷を大幅に軽減することを意味します。

OnBaseプラットフォームは、柔軟なローコード開発プラットフォームです。設定はポイント・アンド・クリックで行えるため、プログラミングの知識は不要です。既存システムとの連携もプログラム無しで実現します。エンドツーエンド・アーキテクチャを採用しており、オンプレミスでもクラウドでも展開できます。単一のプラットフォームなので、ITガバナンスを厳格に行いながら管理コストを抑えることができます。

 

将来も使用可能なプラットフォーム

OnBaseは、長期にわたりご利用いただけます。その理由は以下のとおりです。

  • プログラミングなしの設定:OnBaseでは、チェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウンメニューで簡単・迅速にソリューションの設定や変更が行えます。コストも時間もかかるプログラミングやスクリプトは不要です。
  • 柔軟な拡張性:ニーズに合わせてOnBaseを柔軟に拡張できます。1つの部門で導入し、効果を見ながら企業全体に拡張することも可能です。拡張してもスピードやパフォーマンスは変わりません。
  • 止まらない進化:OnBaseの開発は100%ハイランドが自社で行っています。1991年の設立以来、毎年新しいバージョンをリリースしています。これからも最新技術や業界のトレンドを反映した製品を開発し続けます。
  • 容易なアップグレード:OnBaseでは、すべてのソリューションコンポーネントを同時にアップグレードできます。プログラミングされたソリューションを個別にアップグレードする必要はありません。また、段階的なパラレルアップグレードで2つ以上のOnBaseバージョンを同時運用し、アップグレード作業に伴うダウンタイム最小限に抑えることができます。

詳細は次の各セクションをご確認ください。OnBaseが業務部門ユーザーに提供するメリット についてもご確認ください。

単一でセキュア、スケーラブルなアーキテクチャ

OnBaseを企業全体で使用することで、業務環境を簡素化し、ITコストを削減して将来のニーズや課題に備えることができます。

プログラミング不要な設定のメリット

開発者やデータベース管理者、プログラマーでなくても、OnBaseソリューションの変更や改善が可能です。コンフィギュアビリティ(設定が可能であること)にフォーカスしたOnBaseでは、非常にフレキシブルなエンタープライズソリューションを構築できます。

企業規模の拡張性

OnBaseは、特定の案件や部門に特化した展開、または企業全体を対象とした展開のどちらであっても、ニーズに合わせて拡張できるソリューションです。

毎年行うアップグレードのメリット

ハイランドはOnBaseの研究開発にコミットしています。ハイランドでは、研究開発費のすべてをOnBaseソリューションスイートのエンハンスメントに投資しています。

展開オプション

OnBaseには、お客様が最適な展開方法を選択できる柔軟性が備わっています。オンプレミス型、クラウド型のどちらでもご利用いただけます。業務上のニーズが変化した場合でも、簡単に展開方法を変えることができます。