ソリューション

ECMで部門ごとのプロセスを改善し、総合的に対応

文書管理ソリューションの検討を始めるきっかけは、大量の紙文書を効率良く管理できないことが一般的です。紙文書を扱う上で発生する問題や手作業に依存する業務プロセスでは、膨大な時間とコストがかかり、担当者にとっても企業全体にとっても大きな課題となります。

Berner Food and Beverage社では、かつてこのような状態を経験しました。経理部門(買掛)では、書類の保管場所が不足している、従業員が請求書を探すために多くの時間を費やしている、文書の共有に時間がかかって煩雑である、といった課題を抱えていました。また、事業所の増設に伴いその問題はさらに深刻化する一方でした。そこで、買掛業務におけるこれらの問題解決のためにOnBaseの導入を決定しました。

導入決定時点で、最高情報責任者であるTroy Grove氏は、紙文書の課題は経理部門の問題だけではなく、全社に共通するものだと理解し、紙文書管理ソリューションの導入をまず1つの部門から始め、その後社内全体に拡張できる事を念頭にソリューションを展開しました。Berner Food and Beverage社では、OnBaseを買掛部門に導入後、売掛、品質、購買、保守、倉庫、営業、コンプライアンスを含む様々な部門に継続的に拡張しました。


30秒で診断! OnBase