文書と業者情報を連結し、業者管理を合理化

OnBase業者管理ソリューションは、業者記録の作成・更新プロセスを合理化し、業者関連のあらゆる文書を効率良く管理します。そのため、業者に関するすべての情報を1ヶ所に表示することができます。

新規に参入する業者は、OnBaseのオンライン電子フォームに自社の情報を記入して送信できます。送信後、OnBaseは自動的にワークフローを開始し、評価と承認を行うためにフォームを適切な担当者に回覧します。承認が完了すると情報は、ERPの業者マスターファイルに直接書き込まれます。また、OnBaseのチェックリストを利用してプロセス全体を通じて、必要な文書の確認が行われるため、業者情報が不足している場合、自動的にEメールが業者に送信されます。 業者情報と文書両方を一括して単一の電子トランザクションとして管理することで、OnBaseは業者管理プロセスを合理化させます。

また、OnBaseは、SAP®、Lawson®、PeopleSoft®、Oracle、JD Edwards、Dynamicsといった 定評あるERPシステムとの統合が可能なため業者管理ソリューションをこれらのシステムのいずれとも組み合わせて使用することができます。 OnBaseは、これらのシステムに備わるネイティブな統合アダプタを使用してデータを転送するため、高額なコストを伴うカスタムソリューションを必要としません。

OnBaseとERPの統合によって、業者管理担当者は契約書、通信文、見積書、請求書、注文書などの必要な文書を必要な時に即時に入手できます。 また、使い慣れた業務アプリケーションを切り替えることなく、リサーチや質問への回答をスピーディに得ることができ、すべての関連文書を業者管理ソフトウェアのマスター画面から直接引き出せるため、業務効率を大きく向上させることができます。

OnBase ECM市場のリーダー