従業員のパフォーマンス管理を通じて企業目標を達成

企業目標の達成は、従業員各自が企業全体の目標を念頭に置いて個人目標を定め、それに向けて努力することで実現します。まず企業全体の年間目標が設定され、その内容が事業部長や部門マネージャーを通じて従業員各自に伝達された後、個人目標を設定するのが一般的です。 ただし、従業員個人の目標は、企業の年間目標達成に関わるものだけに限られません。 多くの従業員は、各自の業務能力を伸ばすために自己啓発の目標も設定します。このような各自の技能向上目標は、定期的な従業員評価によってその内容を調整・修正する必要があります。

OnBaseは、従業員の目標設定・管理に必要なセキュアな環境を提供します。 OnBaseを使用することで、従業員はいつでも自己のパフォーマンスを管理でき、目標達成に向けた進捗状況や達成内容を記録することができます。 一方、マネージャーは、従業員目標の達成の進捗状況や達成内容を確認することができ、必要に応じて目標を追加したり、変更させたりすることも可能です。 確認完了後、マネージャーは、従業員の人事考課機能を利用して給与調整や昇進に関する意思決定を行うことができます。

OnBaseパフォーマンス管理ソリューションを活用すると、企業は以下のメリットを得ることができます。

  • 従業員の目標を綿密に管理・監視することで、よりダイナミックに管理を行い、従業員の就業意欲を向上
  • 従業員評価データをセキュアに格納し、昇進などを検討する場合にデータをすぐに入手可能
  • 年間を通じて状況の変化に応じて目標を調整可能
OnBase ECM市場のリーダー