OnBase設計図管理で、設計プロセスを合理化

CAD図面の格納、保守、確認は、変更管理プロセスの重要な要素ですが、従業員が複数の事業所に分散して勤務している場合、CADアプリケーションへのアクセス無くしては、適切な変更管理プロセスの遂行は容易ではありません。

OnBase設計図管理を活用すると、組織は以下のようなメリットを得ることができます。

  • OnBaseをCADシステムと統合することで、ユーザーは日常業務で使用するCADアプリケーションから直接複合図面をアーカイブ、検索、変更可能
  • CADを使用しないユーザーでも図面にアクセスして変更をスピーディに確認可能
  • 変更管理プロセスを合理化し、プロジェクトをより迅速に完了

OnBaseを使用することで、CADユーザーは、図面を1ヶ所に格納し、図面や関連文書の検索に要する時間を短縮することができます。CADユーザーは、OnBaseキャッシング技術を使用してグローバルファイルにローカルで即時にアクセスでき、大きなファイルにアクセスする際の遅延が排除されます。また、OnBaseは、CADユーザーがCADを使用しないユーザーに図面を参照または確認用として配布可能にすることで、向上スタッフ、メンテナンス担当者、施設管理者やその他関係者に必要な図面へのアクセスを提供します。

また、設計管理ソリューションは、変更管理プロセスにおける効率を向上させます。OnBaseは、CAD図面を取り込んで処理した上で、セキュアに格納し修正版の管理を行うことで、組織がより重要なタスクや取り組みに集中することを可能にします。

ECM市場のリーダー