銀行

OnBase ECMソリューションで銀行業務を最適化

金融機関では、口座開設、電子署名、不正行為の緩和策、融資申請、電信送金など、取引に関わるさまざまな処理が行われています。OnBaseはそれらの処理を合理化し、業務効率を向上します。

OnBaseを活用すると、部門や地域に関わらず、これらの処理を管理できるようになるので、コスト削減、時間短縮を実現します。情報検索時には、部署やプロセスに関わらず、OnBaseだけを検索すれば必要な情報にたどり着けるので、お客様からのお問い合わせにも即時対応が可能になり、顧客満足を向上します。

また、OnBaseは、文書、情報、プロセスに対する可視性も向上させます。経営陣や決裁権限者は、重要な情報をまとめたダッシュボード画面で、ビジネスの状況をリアルタイムで簡単に確認することができます。

可視性を向上するだけでなく、社内・社外への情報共有も改善し、プロセスの遅延をなくします。KPI(重要業績評価指標)とプロセス統計を測定することにより、経営陣はプロセスを最適化し、市場での競争優位性を生み出すことができます。

口座開設、口座管理における一貫性を確保 

紙ベースのプロセスは、新規申込の処理を遅らせたり、重要情報の確認漏れのリスクを高めたりします。デジタルに格納された情報を使用してビジネスをしている銀行であっても、文書を電子的に格納しているだけでは業務をスムーズに行えるとは限りません。電子的な顧客データにアクセスできる、文書をスキャンして業務システムに取り込んでいるだけでは、業務が効率化しているとは言えません。

新規口座の開設や既存口座の管理では、ファイルの種類に関わらずデータをOnBaseに直接取り込めるようになります。担当者は日常使用しているシステムの画面を離れることなく、署名や必要な情報をOnBaseに格納できるようになり、お客様を待たせずタスクを完了できるようになります。

OnBaseの活用で銀行が得られるメリット(一例)

  • 正確性を上げながら、取り引き当たりのプロセスにかかる時間を短縮
  • プロセスにおいて一貫性を確保
  • 可視性、透明性を提供
  • 不正行為を防止しリスクを緩和
  • STP(ストレート・スルー・プロセッシング)と電子署名でスピードアップ