生命保険引受と新規保険契約処理ソリューション

生命保険会社が新規保険処理ソリューションを活用し、サービスの改善と事業の拡大を実現

生命保険における新規保険処理は、手作業による書類中心のプロセスが一般的です。増大する消費者の要望に直面する生命保険会社は、担当者を増やすことでサービスへの期待に応えています。OnBase新規保険契約処理ソリューションの採用により、保険会社は、業務プロセスの質と整合性を改善し、超過勤務手当を減少させながら、増大する処理量に対応することができます。OnBaseを活用するある生命保険会社では、新規保険契約のサイクルタイムを7日間短縮しています。

OnBaseでは、保険会社の基幹業務アプリケーションからあらゆる業務文書にアクセスできます。その結果、お客様サービス担当者の業務時間が週5時間以上短縮され、お客様からの電話によるお問い合わせの90%をコールバックすることなく即時回答できるようになっています。このような状況から、一部の生命保険会社では、お客様からサービスの質を高く評価され、保険契約の増加につなげています。

保険引受と新規保険契約処理を自動化し、より正確で迅速な意思決定を促進

OnBase保険ソリューションは、ファイル形式や出所に関わらず、文書の受け取り時にデータを抽出し、文書を取り込む際に自動分類します。また、簡単に設定可能できるOnBaseでは、年齢などの必須項目、居住地または商品によって異なる申請書の適正使用、署名の検知などの確認を自動化することで、規定の順守を満たすことができます。さらに、サービスレベル合意や本番レベルでの監視を自動化するため、経営陣はより多くの時間を保険引受の意思決定に充てることができます。

OnBaseのワークフロー業務プロセス管理ツールにより、作業量、スキル、言語要件、製品知識などで定義されたパラメータに従って申請書を自動的にルートします。また、不足している必須の関連文書を管理します。不足している項目や、確認が取れていない項目がある場合、自動的に通知を送付して新規保険契約プロセスの質とタイミングを改善します。OnBaseで電子ファイルを管理することで、情報へのアクセスが改善されます。OnBaseを活用する保険会社は、保険契約ファイルの検索プロセスを32工程削減し、生産性を88%向上しています。

ECM市場のリーダー