損害保険における保険請求処理ソリューション

保険請求処理は複雑で、どの保険会社にとっても諸経費を増加させる業務です。損害調査費は増加の一途をたどり、保険請求コストは、引き続き保険会社にとって、ブラックホールのような存在です。意思決定にかかる時間は、損失リスクやコスト増加、引当金への影響に直接関係します。保険会社は、保険請求処理に新しい革新的なアプローチを取り入れる必要があります。たとえば、トランザクション処理を改善することが、非常に重要となり、保険請求を処理する部署で業務管理テクノロジーを利用しないというオプションは、もはや保険会社にはありません。

損害保険請求処理の迅速化

OnBaseを活用する保険会社は、OnBaseのワークフローやケース管理ソリューションを導入し、競合他社より一歩先を進んでいます。多くの場合、1つの作業工程を自動化することで、保険請求業務が30分短縮しています。

OnBase保険ソリューションは、保険請求部署が長年抱えていた煩雑な業務を排除します。文書の出所やフォーマットに関係なく、保険請求のあらゆるコンテンツを単一のインターフェースで処理できるようにすることで、保険請求の関連文書や情報への容易なアクセスを提供します。事故受付票は、紙、ファックス、Eメール、電話、またはその他の方法で管理されます。その後、業務割り当て、承諾書の作成、和解に向けた特別調査を一つのプロセスで自動的に開始することで合理化を図ることができます。事故受付のタスクをOnBaseで管理すると、Web経由で新規保険請求を提出できるため、請求案件の解決までに数日かかっていた処理を24時間以内で完了するなど、処理時間を大幅に短縮することができます。

保険請求を適切に処理するには、アジャスターが事故に関するすべての情報へのアクセス権を持つ必要があります。調査の一部として、必須情報をリクエストすることがよくあります。通信文の作成や電話記録の文書化は、保険請求プロセスにおいて不可欠です。また、返信の受領を管理することも困難を極めています。情報は様々なソースから収集され、タスクに関わるプロセス量は相当なものになります。

OnBase保険請求管理ソフトウェアソリューションを活用するメリット

OnBase保険ソリューションでは、情報へのアクセス提供と、不足する必須情報の特定を容易に行えます。文書作成では、特殊な法律用語や基準に沿って文書を自動的に作成したり、アドホックタスクとして作成したりすることができます。保留されているタスク関連のアクションは、タスクやフォローアップを管理するワークフローの自動通知によって、OnBaseで直接管理することが可能です。業務の割り振りは、権限レベル、担当者のスキル、保険請求の種類、または他の業務ルールによって、簡単に管理できます。プロセス全体にわたって承認要件を管理するため、確実に内部監査が行われます。OnBaseは、大量の人手による繰り返されるタスクを自動化するため、アジャスターは付加価値の高い業務に集中することができます。その結果、OnBaseワークフローを利用する保険会社では、アジャスターの生産性が150%上昇しています。

タイムリーに正確な決断を行うアジャスターにとって、保険請求に関する情報すべてを利用できることが必要不可欠といえます。このような正確さは、長年の経験によって得られるものであるため、保険会社は、従業員に付与する様々なレベルの権限を管理する必要があります。保険請求処理の手続きでは、保険金支払いにおける詳細な権限レベルと承認が必要となります。請求金額が高額であったり、複雑な保険請求であったりする場合には、特に詳細を極める必要があります。OnBaseソリューションでは、こうした柔軟性とルールに基づいた業務の割り振りを実行できます。

OnBaseは、Guidewire Claim Center、CSC、Accenture、および自社開発のAS400メインフレームソリューションなどの保険請求処理システムと連携し、データとコンテンツを結び付け、有用性と効率性を改善します。文書管理と連携するOnBaseケースマネージャでは、保険請求プロセスの案件レベルでタスクを管理できる付加価値がもたらされます。さらに、再保険監査人向けに文書化された保険請求手続きの監査証跡に関する資料提供や、内部品質管理は、保険請求部署の従業員が利用できる標準的な機能です。

OnBaseは、保険請求部署にみられる自動化に対する躊躇を払拭する柔軟な機能を提供します。保険請求処理担当者は、プロセスの現状を把握できる可視性と、必要に応じた権限レベルや処理ルールの変更を可能にする機能を必要としています。保険請求の業務量は毎日変動します。そのため、正確でタイムリーな引当金の設定や、サービスレベル基準の維持を確実に行うため、ワークフローの再調整、再割り当ておよび適切な処理が必要となります。保険請求処理は、厳重に規制されています。規制に正確に準じて処理を行わない場合、また、支払いが予定通りに行われない場合、重い罰金が課される可能性があります。その一方で、OnBaseを使用する保険会社では、保険請求管理にかかっていた時間を月2,000時間短縮し、保険請求業務の費用を大幅に削減しています。