Windows 8 OnBaseアプリケーションでフィールドアジャスターの業務を促進

フィールドアジャスターが社内で利用するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューションを事故現場でも利用でき、現場から必要なあらゆる情報にアクセス可能であれば、お客様のご要望に迅速に対応することができます。

また、モバイルデバイスでも、お客様データへのセキュアでリアルタイムのアクセスやアップロード機能が提供され、しかも使用方法がシンプルで簡単であれば、フィールドアジャスターの業務に大いに役立ちます。

これらは、Microsoftの新型Windows 8プラットフォーム向けでは初めてのWindows 8 OnBase保険フィールドアジャスターアプリケーションを活用することで可能になります。

Windows 8とハイランドソフトウェアが開発するECMソフトウェアソリューション OnBaseを組み合わせることで、フィールドアジャスターは保険契約書、損害状況の写真、修理明細書、損害通知、メモなどの重要な情報へモバイルタブレットからリアルタイムにアクセスできます。

Windows 8 OnBase保険フィールドアプリケーションでは、以下が可能です。

  • 電子フォームの作成、入力、更新
  • 図表の作成とアップロード
  • ビデオや写真の取り込み
  • 文書の記録
  • Bingマップを使用する地図経路

情報はすべて現場からOnBaseにアップロードできます。データは、フィールドアジャスターが現場近くに駐車した車に戻る前に既にアクセス可能となります。従って、意思決定者は、社内・社外を問わず、どこからでも、モバイルデバイスを使用していても、すぐに情報を入手できます。

アジャスターは、こうした機能を利用することで、保険請求の対応を効率的かつ迅速に行い、顧客満足度の向上と経費率の低減を可能にします。また、社内でも現場でもフィールドアジャスターが同じように業務を遂行できることで、競合他社に対する優位性を獲得することができます。

審査中の保険請求数が自動的に更新されるライブタイルといった新しいWindows 8の機能を簡単に操作できます。さらに、モバイルデバイスのスタート画面に保険請求案件をピン留めしてクイックアクセス機能を利用したり、アプリケーション間を行き来する際にマルチタスク機能を利用したりすることができます。

アジャスターは、モバイルデバイスに拡張されたOnBase機能を現場で活用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 重要な文書へのセキュアなアクセス
  • 自動化したワークフローで保険請求を迅速に処理
  • リアルタイムによる新規保険請求と作業項目の通知
  • 署名の取り込み
  • デバイスに組み込まれたカメラや保険請求記録とのマッピング
ECM市場のリーダー