石油・ガス業界向けOnBaseソリューション

現場で起きる様々な出来事への対応は、非常に手作業の多いプロセスといえます。多くの企業では、現場である出来事が発生したとの通知を受けるものの、通知だけでは、起こった出来事の内容を正確に把握できないという課題を抱えています。単に、近隣からチームを派遣するだけでは、石油流出、ガス漏れ、火災に十分対応できせん。

OnBaseケース管理フィールドサービスワークオーダープロセスは、このような状況で役立ちます。

たとえば、OnBaseは、情報を自動的に取り込み、エンタープライズリソースプランニングソリューション(ERP)と連携し、ガス漏れに関する情報をデバイス経由で送るように促します。派遣チームは、受け取った情報から、適切な機器を管理する担当者をすぐに探し出し、作業依頼を技術者に送って問題を迅速に解決することが可能です。しかもすべてをモバイルデバイス経由で実行します。棚卸資産リストや現場の対応が記載された以前のワークオーダーを添付して問題解決に役立つ重要な参考情報を提供することができます。

OnBaseは、センサーからワークオーダー管理システム、ERP、現場にいる作業員のモバイルデバイスまで、すべてのプロセスを自動化します。 

OnBaseでは、次のようなメリットが得られます。

  • 情報の共有
  • 対応時間の短縮とリスクの最小化
  • 規制の展開に先行することで、違反による高額な罰金を回避
  • 損害を最小化し、安全性を向上させて規制の準拠を容易に実現

石油・ガス事業は、厳しい規制によって制約される業界です。OnBaseを活用することで、現場で起きる出来事に関わるプロセスを最適化し、手順を標準化し、文書を電子的に保存することで、規制の準拠への積極的なアプローチに役立てることができます。また、対応を迅速かつ正確に行い、コストや損害を最小限に抑えると同時に、現場で働く作業員の安全性を向上させます。

OnBaseでは、システムにおける情報の伝達・共有機能が高まるため、事故が発生した場合、組織は迅速な行動に必要な情報をすばやく入手することができます。


OnBase A LEADER IN ECM