公益事業

OnBase公益事業ソリューションでリスクを低減し、事業機会を促進

Compton Petroleum Corporation社にとって油井が稼働しないことは、1日に数千ドルの収益の遅れが生じることを意味します。原油の掘削決定に関わる時間を短縮するため、カナダのアルベルタ州に拠点を置くこの企業では、業務プロセスを改善し、初期検討段階から生産に至るまでの期間を短縮するソリューションを必要としていました。

石油およびガス業界向けに的を絞ってデザインされたソリューションと、紙文書主体の業務プロセスを自動化するECMソリューションについて調査した結果、Compton Petroleum社は、経営方式を根本的に変えることなく、業務プロセスに適応できる柔軟性を持ったソリューションが必要だという結論に至りました。

その結果、ハイランドソフトウェアのECMソリューションスイートであるOnBaseを選定しました。

「掘削量に比例して売上も増加します」とIT、リスクおよび監査マネージャーのPaul Parzen氏が話します。 「初期構想段階から油井の本格稼働までのサイクルに要する日数を短縮できた分だけ収益も増える形となります。OnBaseは、より上質な情報を提供することで業務を効率良く迅速に実行可能にするソリューションであり、ビジネスにおいてIT技術のあるべき姿の本質を捉えていると言えます」。

OnBaseを活用すると、公益事業会社は、以下のメリットを得ることができます。

  • 情報をセントラルリポジトリにおいて一元的に管理しながら、ソリューションを企業全体および各事業所に拡張
  • 部門間における業務処理の迅速化を促進し、担当者が十分な情報を得た上でより良い意思決定が可能
  • 携帯電話やタブレットから情報にアクセスでき、担当者はいつでもどこからでもプロジェクトを進行可能

OnBaseは、まずは1つの部門やソリューションにおいて展開した上で、時間、目標、予算に応じて他部門に拡張することができ、保守しやすい単一のアプリケーションによって経理や財務、人事および法務などを含む公益事業会社における各部門のニーズを満たします。


30秒で診断! OnBase A LEADER IN ECM