ワークスタイル変革(働き方改革)を成功させるには?

日本政府は、「一億総活躍」社会の実現に向け、「働き方改革実現推進室」を設置。少子高齢化、長時間労働といった課題に対して、企業もさまざまな取り組みでワークスタイル変革を実現しようと取り組んでいます。

多くの企業が、ワークスタイル変革実現にむけてフレックス勤務、在宅勤務制度、フリーアドレスオフィス、モバイルデバイスの支給などの取り組みを実施していますが、働きやすい環境作りを進める企業が増える一方、ワークスタイル変革改革の推進に課題を抱えている企業も非常に多く存在しています。


ECMで実現するワークスタイル変革(働き方改革)

ワークスタイル変革(働き方改革)を実現するために、解決しなければならない課題がいくつかあります。さまざまな業界で共通して見られる課題について、以下のカタログでご確認ください。

カタログをダウンロード

ECMが企業を強力に支援する理由

ECM(エンタープライズコンテンツ管理)は、紙文書の電子化だけでなく、プロセス管理、ケース管理、既存システムとの連携、モバイル、コラボレーションなど、さまざまな機能を提供し企業を支援します。ECMアプリケーション OnBaseの詳細は、製品概要をご覧ください。

製品概要をダウンロード

ご意見・お問い合わせ

このフォームを送信すると、ハイランドからお知らせが届きます。個人情報保護方針に関する詳細は、こちらをご覧ください。

OnBaseユーザー体験を確認する

業務に必要な情報、
すぐに見つけ出せていますか?

詳細はこちら